今日も主食はカロリーブロック

ラブライブ!やラブライブ!サンシャイン!!に関することを、時折思いつきで書いていこうと思います。

函館の距離感を感じてきました。

 

 こんにちは、ぶろっくです。

 10/27-29で函館に遊びに行ってきました。

  今回は辿った聖地を紹介しつつ、アニメで飛び飛びになっている距離感の話をします。

 

1.函館駅


f:id:K-block:20191031104448j:image

 二期第8話でAqoursが降り立ったのは函館駅

 飛行機で来たなら、会場の函館アリーナは空港と駅の間にあります。

f:id:K-block:20191031084959j:plain

空港から駅までのバスは、市電の「湯の川」あたりにも停まります。

 この寄り道はきっと、宿泊予定の函館国際ホテルに荷物を置きに来たのですね。

f:id:K-block:20191031101352j:plain

 徒歩約7分です。

 この間には食べ物屋さんもたくさん。

 

 駅前のシーンではすでに荷物が無いので、置いて来た後でしょう。

 函館国際ホテルから函館アリーナへは市電「市役所前」からが最も楽なはず。

 あえて駅を経由しているということは、荷物を置いた後に市場を通って、海鮮丼でも食べていたのでしょうか。想像が膨らみます。

 函館のイカ

 

 

2.函館アリーナ

 さて、市電「函館駅前」から「函館アリーナ前」まで行くと、函館アリーナ。

 ここは“HAKODATE UNIT CARNIVAL”でも会場になりました。


f:id:K-block:20191031104530j:image

アニメでは角ばっていますが、実物は丸い。

 

 市電は本数も多いので、駅からのアクセスはかなり良いと感じます。

 ここに大人数が雪崩れ込むとどうなるかは、なんともいえませんが。

 

 この日はホテルに戻ってチェックインしたようです。

 

 

3.五稜郭タワー

 場面は翌日。

 函館駅前から市電「五稜郭公園前」で下車すると、五稜郭の観光ができます。

f:id:K-block:20191031110429j:plain
f:id:K-block:20191031104649j:image

 曜ちゃんの見ていた土方歳三の像と、果南ちゃんの足元のガラスは別の階にあるので、実はAqoursが分かれて景色を見ていたことが分かります。

 

 

4.函館西高等学校

 市電は二股に別れているのですが、「函館どつく*1行きに乗車し、「末広町」で下車します。

f:id:K-block:20191031101429j:plain


f:id:K-block:20191031104856j:image
f:id:K-block:20191031104929j:image

 そこからAqoursの見下ろしていた八幡坂を上った先が、Saint Snowの通う「函館聖泉女子高等学院」のモデル「函館西高等学校」です。坂のキツさで言ったら、長井崎中学校とも良い勝負。

 

 

5.茶房 菊泉

f:id:K-block:20191031101535j:plain


f:id:K-block:20191031105013j:image

 そこからAqoursが歩きながら「ティータイムにでもしますか」と話していますが、本当にその歩行ペースで、あっという間に到着。

 Saint Snowの実家のモデル、「茶房 菊泉」です。


f:id:K-block:20191031105043j:image
f:id:K-block:20191031105058j:image

 部屋覗いちゃうの?なんてアニメ放映当時は思ったものです。

 

 実は理亞の部屋は玄関を入ってすぐの突き当たりにあるので、店員さんを探して少し歩いたら、もう辿り着いてしまう。


f:id:K-block:20191031105143j:image

理亞の部屋も客席です。しかし玄関からこの距離感、プライベートとか大丈夫……?

 

 

6.ラッキーピエロ ベイエリア本店〜西波止場

f:id:K-block:20191031101612j:plain

 高校前の八幡坂を下り、右手に「ラッキーピエロ ベイエリア本店」があります。

「ラッピ」でお馴染み。あの巨大な「THE フトッチョバーガー」もあります。

 そこから出ると、左手にはルビィとダイヤが言葉を交わした波止場が。

 

f:id:K-block:20191031110604j:plain

f:id:K-block:20191031110608j:plain

現在は改修中で、入ることはできません。

 

 目の前なので、ダイヤはルビィが走って行くところを目で追えたかもしれません。

 歩いて追いかけたのか、信号に捕まったのか、遅れて後ろから話しかけていました。


f:id:K-block:20191031105524j:image

お店の前から波止場が見えます。

 

 ちなみに、ラッキーピエロの隣にあるハセガワストアでは、第9話前半で善子と花丸が食べていた「やきとり弁当」を購入することができます。

 

 

7.金森赤レンガ倉庫群

f:id:K-block:20191031101630j:plain


f:id:K-block:20191031105711j:image

 ルビィが理亞を連れ出して、会話を交わしたのはこの辺り。

 実は先ほどの波止場の目の前なのです。

 ついさっき後ろでダイヤと交わしたやりとりを思い出して、勇気をもらっていたのかもしれませんね。

 

8.旧公会堂〜元町公園

f:id:K-block:20191031101713j:plain

 イベントの選考会場は、茶房 菊泉さんからすぐの「旧函館区公会堂」です。

 現在は改修工事を行っており、立ち入りできません。


f:id:K-block:20191031105807j:image

 足元の「元町公園」も含めて、劇場版挿入歌「Believe again」の舞台でもあります。

 理亞にとっても一歩を踏み出した場所で、Saint Snow最後の曲を歌ったわけですね。元町公園の階段を旧公会堂に向けて進むと、上に上に進んでいくサビ前のダンスを思い出しました。

f:id:K-block:20191031110054j:image

 

 

9.船見児童遊園

f:id:K-block:20191031101748j:plain

 

 選考会の後、四人が集まった、小さな公園です。

f:id:K-block:20191031105936j:image

 

 理亞の家や学校とは反対の方向に来たのは、「大きいこと言っちゃった……」という後ろめたさだったら可愛いなって思いました。

 また、次に紹介する「ロープウェー山麓駅」からは、旧公会堂を挟んでちょうど線対称の位置にあります。次の戦いに備え、ひとときの休息といったところでしょうか。

 

 

10.ロープウェー山麓駅〜函館山頂上

f:id:K-block:20191031101818j:plain

 函館山のロープウェー山麓駅には、FMいるかのブースがあります。

 一年生たちがイベントの告知に使った場所ですね。

f:id:K-block:20191031110027j:image

 八幡坂よりさらに坂を上ったところです。

 彼女たちがここまで形にするのにかかった苦労を、追体験しているようでした。

 また、ダイヤと聖良は後からロープウェーで函館山に登っています。

 ルビィと理亞が二人の前を行っているという構図に、二人の成長を感じます。

 

 頂上の展望台で、二人がライブの招待状を渡しました。

 


f:id:K-block:20191031111121j:image

 そこで見た夜景は、その灯りの一つひとつに人の営みがあって。

 でも壮大な灯りがバックダンサーに見えるかのように、二人が輝いて見えますね。

 

 

11.八幡坂

 散々紹介しておいて今更なのですが、ここが挿入歌「Awaken the power」の舞台です。聖地ど真ん中、という感じですね。

 

f:id:K-block:20191031110954j:plain

本当にそのまんまです。

 

 

おわりに

 

 主にアニメ二期第8,9話の舞台となった場所をご紹介してきました。

 場所同士が近いので、「このシーンではどう動いたのかな?」と想像しやすいですね。

f:id:K-block:20191031103547j:plain

こうやって結べばクリスマスツリーに見えなくも……無理か……

 

 場所と場所とのつながりを意識して巡ると、アニメを見返したとき、彼女たちにどんな景色が見えていたのがを想像することができます。

 聖地を訪れる際は、そんなことも意識しながら巡ると楽しいですね。

 

 

ぶろっく

 

 

 

*1:どつくで「ドック」と読む