今日も主食はカロリーブロック

ラブライブ!やラブライブ!サンシャイン!!に関することを、時折思いつきで書いていこうと思います。

TOKIMEKI Runners(試聴版)から、「ラブライブ!」を感じる。

 

  

1. はじめに

 お久しぶりです、ぶろっくです。

 今回の記事はこちら、動画後半の曲「TOKIMEKI Runners」です。

(歌:虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、作詞:畑亜貴、作編曲:矢鴇つかさ


「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」OPムービー

 (先ずはまっさらな気持ちで、動画をご覧ください。)

 

 

 通称「スクスタ」のOPテーマですね。

 歌唱は虹ヶ咲の9人、歌詞は「スクールアイドルの祭典」に相応しい内容。

 μ'sやAqoursの道と、虹ヶ咲も含めたスクールアイドルみんなに、想いを馳せてみませんか。

 

 これは、私が受け取ったメッセージ。

 皆さんには彼女たちの、どんな声が聞こえますか?

 

 

 

2. 歌詞と動画から感じ取る

(注1:歌詞は試聴段階での耳コピです。また、表記は想像です。)

(注2:「TOKIMEKI Runners」以外に引用した歌詞は、全て鉤括弧に斜体・アンダーラインで表記します。作詞は全て畑亜貴氏です。)

 

 

生まれたのは“トキメキ” 

f:id:K-block:20180928012221p:plain

 

 スクールアイドルは、“トキメキ”が生まれるところから始まります。

 彼女たちにだって、その瞬間がありました。

はじまった時の ときめきずっと 大事にね(Aqours青空Jumping heart」)

 

 

惹かれたのは“カガヤキ”

f:id:K-block:20180928012420p:plain

 

 想いをぶつけられる“カガヤキ”を、心のどこかで探していた少女たち。

 スクールアイドルは、格好の舞台でした。

僕らは今のなかで 輝きを待ってた」(μ's「僕らは今のなかで」)

ときめきたいって思ってたから あなたに会った時に このひとだって感じたけどね 間違ってるの?(いいよ!信じようよ)(Aqours「少女以上の恋がしたい」)

 

あの日から変わり始めた世界

f:id:K-block:20180928013309p:plain

 

 スクールアイドルとしての輝きだって、簡単じゃない。

 それでも、垣間見えた別世界の入口へ。

 何度だって挑戦しよう。

こんどこそ ゼロからイチの扉を開けよう(Aqours「Step! ZERO to ONE」)

 

 

見てるだけじゃ足りない

f:id:K-block:20180929022500p:plain

 

 “トキメキ”“カガヤキ”も、みんなのそれぞれのもの。

 だからこそ、形にして、分かち合いたい。

「言葉にすれば それは叶うよ」(μ's「HEART to HEART」)

 

 

身体動かして

f:id:K-block:20180929023916p:plain

 

 初めて出会うことも、思わぬところで経験がつながることも。

 自分の信じる“カガヤキ”に向かって、日々精進する彼女たち。

「こころが求める誇らしさ 走り続けてつかめるミライ」(Aqours勇気はどこに? 君の胸に! 」)

 

 

できることないか 探してみようよここで

f:id:K-block:20180929024453p:plain

 

 時には壁にぶつかるけれど、いつだって真剣なんだ。

 イマを、想いを、この場所を大切に。そして全力で。
「自分からもっと チカラを出してよ」(μ's「No brand girls」)

  

 

 

 

f:id:K-block:20180929063949p:image

 

これは“ユメ”かな? 

f:id:K-block:20180929063323p:plain

 

 “ユメ”は、乗り越えた先で確かめるもの。輝くもの。

 焦り、痛み、それらを含んでいるのもまた“ユメ”

「明日が待ってるんだよ 行かなくちゃ」(μ's「ユメノトビラ」)

 

“ユメ”って素敵な言葉

f:id:K-block:20180929064801p:plain

f:id:K-block:20180929064836p:plain

 

 そんな“ユメ”を見せてくれる彼女たちへ、憧れからはじまった。

 その音は私の“トキメキ”“カガヤキ”に、先へ先へと広がっていく。

「大好きなメロディーの つながりだよね」(Aqoursユメ語るよりユメ歌おう」)

 

言ってるだけでいい気分

f:id:K-block:20180929065033p:plain

 

 “ユメ”が自分のものになる。

 どんな自分よりも素敵な自分がそこにいる、ということが……

「おそれず行けそうな 予感でダンス」(μ's「SUNNY DAY SONG」)

 

きっと“ユメ”だと 決めてしまえ!

f:id:K-block:20180929065203p:plain

「ひとりからふたりへ」

f:id:K-block:20180929065244p:plain

「ふたりからみんなの中に」

f:id:K-block:20180929065220p:plain

「ああ 伝わってくれた」(Aqours「キセキヒカル」)

 

 

ああ 勇気が湧いてきた 

f:id:K-block:20180929065736p:plain

f:id:K-block:20180929065911p:plain 

f:id:K-block:20180929070018p:plain

f:id:K-block:20180929070106p:plain

 

 

ワクワク叶えるStory

f:id:K-block:20180929070726p:plain

 

 みんなが違う“ユメ”の形を持っている。

 形はそれぞれ違っても、それが集まってこそ“みんなで叶える物語”。 

「楽しみはまだまだ まだまだこれから」(μ's「これからのSomeday」)*1

 

 

どうなるかは僕ら次第

f:id:K-block:20180929071136p:image

 

 9人で未知の世界、11人で新しい力。

 18人なら? 27人では?

 スクールアイドルの数だけ、それは広がっていく。

「“Go!!”だよ 新しい地図が欲しい」(Aqours「太陽を追いかけろ!」)

「みなさんもスクールアイドルになったつもりで、一緒に番組を盛り上げてくださいね!」 

 

f:id:K-block:20180929071203p:image

 

 

出逢いってそれだけで

f:id:K-block:20180929071816p:image

 

 あなたとの出会いも、そんな可能性を広げてくれる。

 それはつまり、一緒に“ユメ”を見たいな、ってこと。

「もっと気持ちを 分かりあいたくて」(μ's「Wonderful Rush」) 

 

f:id:K-block:20180929071826p:image

 

 

“キセキ”と思うんだよ

f:id:K-block:20180929071857p:image

 

 出逢いは“ユメ”を見せてくれる。“ユメ”に向かわせてくれる。

 それって、とっても大きなエネルギー。まさに“キセキ”だと思うのです。

「この出会いがみんなを変える」(Aqours君のこころは輝いてるかい?」)

 

f:id:K-block:20180929071917p:image

 

ワクワク叶えるStory

みんなで楽しくなろうよ

「みんなで叶える物語 夢のStory」(μ's「KiRa-KiRa Sensation!」) 

 

f:id:K-block:20180929072257p:plain

「生きてる!」って心が叫んじゃう

そんな実感 欲しいよね

 

 楽しさ、喜び、悲しみ、痛み……

 “ユメ”は、そうした軌跡のなかで見るもの。

 だから「感動」って、こころ揺さぶられること。

 みんなの“ユメ”って、どれだけこころを揺さぶるんだろう!

「生きる熱さを感じたい」(Aqours「スリリング・ワンウェイ」)

 

f:id:K-block:20180929072656p:image

 

ワクワクしたい君と

ワクワク待つStory(始まれ)

f:id:K-block:20180929134315p:image

 

 君と、一緒に“キセキ”を紡ぎたいな。

 感動したい。揺さぶりたい、揺さぶられたい。

「元気の温度は下がらない」(μ's「僕らのLIVE 君とのLIFE」)

 

ワクワクしよう君も

f:id:K-block:20180929134242p:image

 

「どんな夢だって叶えられる!」

 その力強い言葉が、みんなに波及して。

 叶えてきた、その途中にいる彼女たちから、手を差し伸べられた。

 背中を押された? 一緒に走る? それぞれの道で切磋琢磨する?

 方法はなんでもいい。

 私のセカイを、捕まえにいこう。

「ドコヘいこうか?」(Saint Aqours Snow「Awaken the power」) 

 

 

 

3. まとめる

 私には、彼女たちが駆け抜けてきたキセキが聞こえてきました。

 

「μ's」「Aqours」「虹ヶ咲」の入り乱れる、新しい物語。

 そこに不安や、「らしくなさ」を感じる人がいるかもしれない。

 もしかしたら、私もそのひとり、だったのかもしれません。

 

 けれど、私はこの曲とOPムービーで、大いに安心しています。

 この作品は、間違いなく「ラブライブ!」であると。

 それがこんなにも、凝縮された作品になりそうだ、と。

 

 来年の配信開始が待ち遠しいですね。

 新しい「ラブライブ!」がどんな“ユメ”を見せてくれるのか。

 願わくばたくさんの人と、このワクワクを共有しながら迎えたいな、その日を。

 

 

 

 

Twitter : @kitakaze34622

 

 

*1:歌は「高坂穂乃果新田恵海)、南ことり内田彩)、園田海未三森すずこ)、星空凛飯田里穂)、西木野真姫 (Pile)、小泉花陽久保ユリカ)、矢澤にこ徳井青空」による。衣装はμ'sの全メンバー分が存在する。